熊本で浮気・不倫調査が強みの探偵事務所!離婚準備お手伝いします。

株式会社エール株式会社エール

悩みを相談する
TEL 0120-501-099相談専用電話:月~土 9:00~22:00

ブログ

日々のことや事例を紹介しています

離婚の原因となる不貞とは?

2020.05.19

「旦那が浮気した」「妻が不倫した」と一般的には言いますが、法律上はどうなるのでしょうか?

民法では離婚の訴えができる場合のひとつとして「配偶者に不貞な行為があったとき(民法第770条①1号)」と書かれています。

浮気や不倫を昔風にちょっと難しく言うと「不貞」だろうとは想像ができますが、実際の裁判では不貞とはなんだ・・と争われることが多く、最高裁の判例もあります。
その最高裁の判例に沿ってわかりやすく具体的に「不貞」を説明すると、「夫(妻が)自分の意志で他人とセックスすること」となります。

これ以外は不貞ではないことになりますので、多くの方から怒られそうですが、手をつないでデートしたり、一緒に食事したりしても不貞ではありません。
でもどう見ても浮気だし、許せることではないですね。

だから、本気で追及するためには、夫が(妻が)誰かとラブホテルから出入りする場面など、不貞の存在を強く想像できる証拠が必要となります。
裁判で認めらるような不貞の協力な証拠をそろえておくことが、調停でも示談でもあなたに有利になることは間違いありません。

 

アーカイブ